100% Enfant ?

フランスを想って恋煩いの日々

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

早く夏になって〜!



もちろん、思いっきり加工してます。
ある日我が家から見えた虹の写真。
撮った時間はなんと20:42!
最近、日暮れが22時すぎですから。

パリにはまだまだ夏はやってこないようです。
毎日けっこう寒い。雨 まだ15度とか。
でも今年はちょっと特別みたい。

でも、今日は穏やかな日曜日です。

先日、豆台風強風おばさんズ豚が来ました。
母と伯母たちです。
大量の救援物資ラーメンを運んできました。
米が15合、オカキたくさん。
助かります。
これで帰るまではお肉と野菜だけ買えば過ごせる。
お金も多少落としていってくれました。
これでバーゲンを少し楽しめますペンギン

comments(0) : -

Versaille



昨日、急に思い立ってヴェルサイユに行きました。
というか、本当は友だちとシャルトルに行こうとしていたのだけど、
私がエクレア食べてて遅刻してしまったのです!(笑)

それで、もっとすぐ行ける場所に変更しようということになって
ヴェルサイユにしよう!ということになったわけです。

昨日・今日は本当にとっても天気がよくて青空が広がっていました。
ヴェルサイユについたのは、4時前とかだったので日暮れ間近。
当然のように学生証を見せるとグラチュイ(無料)と言われて
日本人観光客の間をぬってお城の中をさくっと通り抜けました。
お城はあちこち改装中で最悪でした。
はじめっから目的はお庭だったわけだし。

なにより。
ちょうど昨日は朝に授業があって、トリアノンの話が出てきたのです。
その日のうちに授業で話したサイトに行くなんて、
なんて勉強熱心な学生さんでしょう!w

マリー・アントワネットの趣味だろうピンクの可愛い建物を見て
それから再び本園に戻るとちょうと日の入り時刻でした。
空は青くて赤いし、人や木々の影は真っ黒。
すごく幻想的な光景でした。



comments(5) : -

パリ19区

私が住んでいる場所はパリ19区という場所です。
ここはどんなところかというと、一言でいうと「パリじゃない」です豚

日本のみなさんが思っているステキな街パリとはほど遠い場所です。
もうほとんど郊外と言っていいくらいはずれにあるし。

最近、学校の授業で19区の風景について学んでいるので、
調査のために歩きまわることが多いのです。
19区には何があるかというと、特徴的なのは運河。



Bassin de La Villette。
実は小さくエッフェル塔が見えています見る

そしていつかここでも紹介したビュット・ショーモン公園。
さらに建築系の人にはよく知られているラ・ヴィレット公園。



ラ・ヴィレット公園というと、先日、建築家ベルナール・チュミの講演会がありました。
見た目エレガントだけどしゃべるとひょうきんそうなオジサンでした。

という感じでステキなところを紹介してきましたが。
19区、そんなキレイな場所ではないというわけです。
なぜなら中心部に比べて明らかに犬マル秘こが多いんです。
私も何度か踏みました怒りマーク
枯葉の下は要注意。

住めば都。でもやっぱり左岸には憧れますラブ

comments(6) : -

ワナド〜



アップロードさくさくっ。

さて、我家にようやくインターネットが接続されました。
ずっとこのブログをアップできなかったのもそういうわけでした。

これでいくらでも写真がアップできます。

・・・

こちら、オーステルリッツ駅からベルシーに向かってのびている
地下鉄5番線の高架下です。
わたしの好きなスポットのひとつ。
でも本当は夜に上をメトロにのって通るのがスキ♪
パリの地下鉄、いくつかの場所で一瞬外にでるところがあるんです。
5番線は夜、1番線バスティーユは昼間。
イイ時間帯がそれぞれ違います^^

まだまだこの街にはステキがたくさん隠れているの。
もっとイロイロ見つけていきたいなぁ☆

comments(2) : -

戦場・巴里



日本では、パリは夜になると戦場みたいになる、かのように報道されているそうですね^^;

もちろん、そんなことはぜんぜんありませんし、
最近はもうすっかりパトカーの走る音もしません。

この写真のサン・ドニ運河はまさにその戦場のあたりから流れてくる運河。
ラ・ヴィレット公園の下でウルク運河と合流して、
それからアメリで有名になったサン・マルタン運河へと続くわけです。

とはいえ、あまり観光客が行くような場所ではありませんので、
いい子は、サン・マルタン運河かウルク運河あたりでやめておきましょう。
私も授業の課題のために行っただけで、本当なら行かないわ〜

comments(2) : -